基礎知識

海外FXで億トレを目指すための10カ条

海外FXで億トレを目指すための10カ条

①億トレになる事は「十分実現可能である」と認識する

実は日本には「年収1億円オーバーの投資家(海外FXに限らない)」が1万人ほどいると言われています。
ですから、実現不可能なことでは全くありません。
「どうせ億トレになれるわけがないし」と思っていては全体的に投げやりになってしまうので、まずは「億トレになる!」と誓いましょう。

 

年収1億円を超える可能性のある職業としては、作家、芸能人、プロスポーツ選手、大企業の上役などがあるかと思います。
「トレーダー」のいいところは、それらと違って「特別な才能がなくても、特別な生まれでなくても取引できる」という事ですね。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。

 

②コツコツ稼ぐ!まずは10万円から

海外FXで億トレを目指すからといって、一攫千金を狙うわけではありません。
「普通のFXトレード」で、コツコツと資金を増やしていくことになります。
そうでないと継続できませんし、ギャンブル的なFXトレードをしていると「経験を積む」ということができなくなってしまいます。

 

とりあえずは5~10万円稼ぐことから始めてみましょう。
もちろん、もっと細かく刻んで「まずは1万円から」というのも良いでしょう。
「複利運用」で稼いでいくので、最初のうちは利益が低くても構いません。

 

複利運用:FXで言えば、「FX取引の利益」を「今後の取引の資金」にすること

 

③とりあえず「誰か(何か)」の真似でいいです

「FXトレードで安定して稼ぐ方法」については、ある程度方法論が固まってきています。
ですから、億トレを目指すとしてもまずは「誰か(何か)の戦略」を真似すればOKです。

 

FXは「他人の成績が、自分の取引に関わることがほぼない」ですから、方法論を公開している人はたくさんいます。
また、FX関連の書籍などで勉強するのも良いでしょう。

 

※ただ、「必ず勝てる方法論!」「初月から100万円稼げる方法論」などと語って高額商材を売りつける詐欺もあるので気を付けましょう。

 

そして「真似」が安定したら、そこにあなた自身の戦略を加えていきます。
(その段階まできたら、億トレが見え始めるかもしれませんね)
安定するまでの間に「ここをこうすればもっと稼げそう」などの事が見えてくるはずですので、それを実践すればいいのです。

 

④初期資金は極端に言えば0円でもいい

一般的に「FXの初期資金は最低でも10万円必要」などと言われていますが、筆者はそうは思いません。

 

億トレを目指すとしても、とりあえず0円でも構わないくらいです。
「口座登録ボーナス」という、口座を作るだけで発生するボーナスを設けている海外FX業者が多く、そういったブローカーを使えば最初はタダで始められます。

 

また、海外FX業者ではハイレバ取引がしやすいです。
例えば、資金が100円でもレバレッジを1,000倍にすれば、10万円分ものトレードをすることができるので、やはりボーナス分だけでも十分です。

 

「初期資金を無理に用意すること」がストレスになるかもしれませんし、そもそも「初期資金が準備できず取引を始められない」という可能性もあるので、まずは少額資金からスタートしてみましょう。

 

⑤億トレを目指す人が「節税」以外で国内FXを使う理由はない

海外FXではレバレッジを数百~数千倍にすることができますが、国内FXの場合は25倍までと法律で決まっています。
また、国内FXにはゼロカットシステム(口座残高が0を切ったら0まで戻すサービス)もないので、危険性が高いです。
ですから、基本的には「海外FXだけでトレードする」と考えておけばOKです。

 

ただし、税金面では国内FXのほうが優秀です。

 

国内FX:固定税率(20.315パーセント)

海外FX:累進課税(最大50パーセント)

 

ですから、「もう億トレになっているし、国内FXでも全く問題ないくらいに自分のトレード手法が確立している」という場合は、国内FXとの併用を考えてみてもいいかもしれません。

 

⑥SNSはやらないほうが良い

特にSNS上に多いですが、たまに「FXエンターテイナー」になってしまっているトレーダーを見かけます(億トレに限らず)。

 

これは「自分が稼ぐこと」よりも、「自分のFXトレードで誰かを楽しませること」がメインになっている人のことです。
楽しませたいので、無理なトレードをしてしまいがちです。

 

あなたがFXエンターテイナーになるかは分かりませんが、いずれにせよ時間の無駄になりやすいので、SNSはやらないのが無難です。

 

どうしても記録をつけたいのであれば、日記や非公開のアカウントなどで我慢しておきましょう。

 

⑦会社は辞めない

「億トレを目指すんだから会社なんて行っている暇はない」と感じるかもしれませんが、本業を辞めるのは厳禁です。

 

  • 給料という「資金」が用意しにくくなる
  • 給料がないので精神的に追い込まれやすくなる
  • 会社を辞める→FXで大失敗……では目も当てられない

 

などの理由があります。

 

また、福利厚生もなくなりますし、いくら「プロのトレーダーです!」と言っても、世間から見れば無職でしかありません。

 

とはいえ、「海外FXだけでの年収」が3~5年連続で600~1,000万円くらいになったら、FX一本に絞ることを考えてみても良いかもしれません。

 

ただ、たった1年間年収が高かったからといって離職するのは厳禁です。
「偶然」かもしれないですので。

 

⑧「FX依存症」になっては意味がない

億トレのなかには「寝ても覚めてもFXのことを考えている」「夢にFXが出てくる」という人が少なくありません。
「FXを辞めて一生遊んで暮らせるレベルの億トレ」であってもこういう依存状態になり得ます。

 

ですから、

 

  • 分析などを含めFXをする時間を決める
  • 稼いだお金はちゃんと使う(趣味を楽しむ)
  • 他の趣味を持つ

 

などして、FXにのめり込みすぎないようにしましょう。

 

「まさか依存症になんてなるわけが……」と思うかもしれませんが、「FXで稼ぐ」というのは非常に楽しいことですので、気を付けてくださいね。
正直なところ、「負けても楽しい」ですし。

 

⑨「取引しない」という選択肢を持つ

億トレを目指すとなると、「どんな相場でもガンガン稼ぐ」という事を想像するかもしれませんが、その必要はありません。
「自分が自信を持って分析できる(できた)相場」だけエントリーすれば十分です。
実際の億トレのなかにも「相場が読めないなら読めないで、素直に撤退することが大事」と言っている人が少なくありません。

 

この「しない」という選択肢は、エントリーに限らず重要です。
「稼ぐためには何でも取り入れる」という考え方はやめて、ある程度取捨選択していきましょう。
そもそも、そうでないと時間がいくらあっても足りないはずです。

 

⑩トレードルールを作る

億トレとは言わず、「FXで安定してトータルでプラスになっている人」は、誰しも自分のトレードルールを確立しています。

 

例えば、

 

  • 資金が○パーセント減ったら損切り
  • ○pips動いたら利確
  • ○連敗(○連勝)したらその日はやめる

 

などです。
このようなルールを作っておかないと「取引の反省・分析→必要であればルールの見直し」という事ができなくなるので、いつまで経ってもFXの腕前が上達しません。

 

そして、ルールを作成したら、しばらくは安易に変えないようにしましょう。
「本当は優秀なルールなのに、偶然負けが続く」ということもあり得るからです。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。