基礎知識

海外FXでのクレジットカード出金に関する特殊なルール

海外FXでのクレジットカード出金に関する特殊なルール

海外FX業者については、クレジットカード出金(入金)をすることができます。
ただ、知っておく必要がある特殊なルールがあるので、今回解説していきます。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。

 

クレジットカード入金とクレジットカード出金の処理について

クレジットカード入金について

海外FXにおいてクレジットカード入金を行った場合は、「ショッピング枠」を使うことになります。クレジットカードの利用明細には「決済業者名 ○万円」などと記載されることになります。

 

「クレジットカード入金なら楽!」と簡単に考えてしまいがちですが、ショッピング枠が少ないのであれば、それほど入金できないという事になってしまいます。
また、「海外FXへの入金だけでなく、普通の買い物でもクレジットカードを使っている」という場合は、そのぶんも考慮して入金しなければなりません。

 

ちなみに、「キャッシング枠(借金)」を使ってクレジットカード入金をすることはもちろんできません。

 

ですから、もし海外FXのためにクレジットカード審査を受けたいのであれば、キャッシング枠は設けないことをおすすめします。キャッシング枠がない方が審査に通りやすくなりますからね(もちろん他の目的があるなら設けてもいいですが)。

 

クレジットカード出金について

ちょっと意外かもしれませんが、海外FXにおける「クレジットカード出金」は「キャンセル処理」扱いになります。まあ、「振込」とは違うわけですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。

 

ここでポイントが一つ。
「キャンセル」ですから、「クレジットカード出金できるのは、クレジットカードで入金した金額と同額まで」という事になります。覚えておきましょう。

 

例えば、

 

クレジットカードで10万円入金した
→5万円の利益を出してFXの口座残高が15万円になった。

 

という場合に全額出金したいのであれば、

 

  • 10万円まではクレジットカード出金できる
  • 残り5万円までは別の手段(銀行送金など)

 

というふうに対応する事になります。

 

ちなみに、「銀行送金」で入金した場合に限っては、「利益も含めて全額」を銀行送金で出金することが可能ですので、クレジットカードを使うケースに比べると楽です。
各海外FX業者の出金手数料などを見ながら、状況によっては銀行送金だけで入金・出金することも検討してみましょう。

 

海外FXでのクレジットカード出金に関する注意点・ポイント3つ

海外FXにおけるクレジットカード出金において気を付けるべき事や、ポイントをいくつか挙げていきます。

 

  1. ・対応しているクレジットカード会社はあまり多くない
  2. ・マネーロンダリングに使わないように!
  3. ・デビットカードでもOKです

 

対応しているクレジットカード会社はあまり多くない

トレードに利用している海外FX業者のサイトに「クレジットカード出金OK」などと書いてあっても、クレジットカード出金ができない場合があります。
なぜなら、「全てのクレジットカードブランドに対応しているとは限らない」からです。
2~3種類程度のブランドにしか対応していない海外FX業者も少なくありません。

 

日本のクレジットカード会社が「海外FX対応」にあまり積極的でない理由は主に以下のとおりです(あくまで推測です)。

 

「クレジットカードの現金化」に近いものがあるから

「クレジットカード出金」をすることで、言わば「海外FXで使える仮想のお金(残高)」を買うことになりますよね。
これが、クレジットカード業界で禁忌となっている「カード現金化」に近いとして、敬遠するカード会社が少なくないとされています。
「いや、現金化とは違うでしょう」と感じるかもしれませんが、カード会社が本来想定しているカードの使い方からズレているのは間違いないと思います。

 

FXのギャンブル性を嫌っているから

筆者はFXはギャンブルではないと感じていますが、そうは思わないクレジットカード会社も少なくありません。

 

日本の金融庁から警告を受けている海外FX業者もあるから

「金融庁から警告を受けるような分野に関して、ウチのクレジットカードを使わせると面倒なことになるかもしれない」という理由から、クレジットカード出金(入金)への対応を避けているカード業者もあると言われています。

 

※本題から外れるので詳しく説明しませんが「日本の金融庁から警告を受けること」は、海外FX業者にとって大した問題にはなりません。まあ、「いろんな大人の事情」と言えばなんとなく理解していただけるのではないでしょうか……。

 

マネーロンダリングに使わないように!

クレジットカードで出金できるのは入金額と同額まで。利益分は銀行送金で出金するというのが、FX業界におけるルールとなっています。(ただし守っていない海外FX業者もある)

 

このような決まりがあるのは「マネーロンダリング(資金洗浄)」を防ぐためです。

 

マネーロンダリング:入金や出金を繰り返すことで『資金の出どころ』を分かりにくくすること

 

まあ、上記のルールがあるので普通の方法では海外FX業者を通じてマネーロンダリングをすることはできません。
ですが、もしもあなたが「あ、この方法でマネーロンダリングできるな」という手段を見つけても絶対に実行しないようにしましょう。

 

デビットカードでもOKです

  • クレジットカードの審査に受かる自信がない
  • そもそもクレジットカードの審査を受けるのが面倒

 

という場合は、デビットカードを作ることをおすすめします。
だいたいの海外FX業者において、デビットカードでも出金することができるからです。

 

ただ、後々普通の買い物などでも使うことを考えると、やはりクレジットカードよりは不便です。
(詳しくは、『クレジットカード デビットカード 違い』などで検索してみてください)

 

クレジットカードよりもビットウォレットがおすすめです

ここまでクレジットカード出金について説明しておいてなんですが、筆者としては海外FX業者の入金・出金には、ビットウォレットを使うほうがいいと思います。

 

その理由は主に2つあります。

 

  1. 入金額の上限がない
  2. 多くの海外FX業者で使える

 

入金額の上限がない

先ほどもお伝えしたとおり、クレジットカードの場合は「ショッピング枠まで」しか入金することができません。10~50万円ほどになるでしょうか。専業トレーダーにとっては心もとない金額ですよね。

 

ですが、ビットウォレットであれば一回でいくらでも入金することが可能です。

 

多くの海外FX業者で使える

海外FX業者での入金・出金のためにクレジットカードを作っても、全てのFX業者で使えるとは限りません。
しかし、ビットウォレットであればほとんどの海外FXブローカーで使うことができます。

 

ビットウォレットのアカウントは早ければ数分で作ることができるので、パパっと作成してしまうことをおすすめします。

 

まとめ:海外FXはクレジットカード出金よりビットウォレット出金が便利

海外FXのクレジットカード出金について紹介しました。

 

細かく色々説明しましたが、

 

「クレジットカード出金できるのは、クレジットカード入金額と同額まで」

「残り(利益)は銀行送金で出金する」

 

ということだけ覚えておけばとりあえず十分です。

 

また、率直に言ってクレジットカードよりもビットウォレットのほうが便利ですので、FXトレードをする前に作っておくことを推奨します。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。