基礎知識

DD方式(ディーリングデスク)とNDD方式(ノンディーリングデスク)の違いは?

DD方式(ディーリングデスク)とNDD方式(ノンディーリングデスク)の違いは?

FXのトレード方式には大きく分けて、

 

  • DD方式(ディーリングデスク)
  • NDD方式(ノンディーリングデスク)

 

の2種類があります。
それぞれについて解説していきます。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。

 

DD方式(ディーリングデスク)とは?

DD方式(ディーリングデスク)の場合、投資家の注文がダイレクトにインターバンクに流れることはありません。

 

専門のディーラーが、

 

  • 投資家が勝ちそうな注文→インターバンクに流す
  • 投資家が負けそうな注文→インターバンクには流さない

 

という見極めを行います。

 

「インターバンクに流さないなんて駄目なのでは?」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

例えば、あなたが誰かに1万円を渡されて、「競馬の馬券を買ってきてほしい。○番の馬でお願いします。」と頼まれたとしましょう。

 

このとき、あなたが「どうせ外れるのだから馬券は買わずに1万円は貰ってしまおう!」と考えたとします。

 

この後本当に馬券が外れたのであれば、

 

  • 依頼者→普通に馬券が外れたのだと考える
  • あなた→1万円儲かる

 

という事になりますよね。
(道徳的にどうなのか……という話はここでは考えないことにします)

 

逆に、誠実に「外れる気がするけれど、ちゃんと買った」として予想が外れてしまった場合は、

 

  • 依頼者→普通に馬券が外れたのだと考える
  • あなた→プラスマイナスゼロ

 

という事になります。

 

お分かりいただけたでしょうか。
「馬券を買わない」ことと「ディーラーが注文を流さない(呑む)」ことは本質的には一緒なのです。

 

ちなみに、「外れるだろうから買わない」という行動を取って、意に反して的中してしまった場合は、「あなた」が「依頼者の勝ち分」を補填する事になりますよね。
FXのDD方式(ディーリングデスク)に関しても同じことが起きます。

 

DD方式(ディーリングデスク)はスプレッドが小さい!なぜ?

DD方式(ディーリングデスク)のFX企業の多くが、スプレッドをかなり小さく設定しています。

 

なぜなら、DD方式(ディーリングデスク)のブローカー側から見れば「トレーダーの負け分」という収入源があるからです。

 

筆者としては、正直なところ「DD方式(ディーリングデスク)のFX業者はスプレッドがゼロでも十分な利益が出るのでは?」と感じています。

 

DD方式(ディーリングデスク)の投資家側から見た場合の欠点

DD方式(ディーリングデスク)の最大のネックは「ディーラーが何をやっているのか分からない」ということです。
FXブローカー側がそれを明かす義務もありません。

 

それでも、筆者は多くのディーラーは誠実に作業していると思いますし、「ディーラーが信頼できないし、DD方式(ディーリングデスク)は絶対にダメだ!」というよくある論調は極端すぎると感じます。

 

しかし、

 

  • リクオート(わざと)
  • レートずらし(わざと)
  • システムエラー(わざと)
  • スリッページ(わざと)
  • ロスカット狩り
  • ストップ狩り

 

などを行うディーラーが全くいないと言い切れません。
実際、過去に何回か上記のような行為の証拠もあがっています。

 

国内FX企業の大半がDD方式(ディーリングデスク)

国内FX企業のほとんどがDD方式(ディーリングデスク)です。
一説によれば、日本人投資家には「スプレッドさえ狭ければそれでいい」と考える人が多いからだそうです。
実際、国内FX企業のなかには「ドル円0.3pips」などの、常軌を逸した狭さのところがたくさんありますしね。

 

NDD方式(ノンディーリングデスク)とは?

投資家の注文がダイレクトにインターバンクに流れます。
つまり、「ディーラーがいない」という事です。

 

多くの海外FX企業は、このNDD方式(ノンディーリングデスク)を採用しています。

 

NDD方式(ノンディーリングデスク)の利点

  1. 不正が起きる事がない
  2. トレードに関する制限がほぼない

 

①不正が起きる事がない

DD方式(ディーリングデスク)と違ってディーラーがいないわけですから、先ほど触れた「ストップ狩り」や「リクオート(わざと)」などが発生しません。

 

ディーラーがいない以上「呑み」ができない→スプレッドで儲けるしかない→利用者にどんどん取引してほしい

 

という構図が成り立ちますから、そもそも「トレーダーに対して不利な不正をする意味」がありません。
それに、NDD方式(ノンディーリングデスク)だとスプレッドでしか稼げないわけですから、トレーダーが勝とうが負けようが「FX業者の利益」には直接関係してきません。

 

②トレードに関する制限がほぼない

DD方式(ディーリングデスク)のFX業者の場合は、「ディーラーがさばき切れない」「サーバーに負担がかかり過ぎる」などの理由で、スキャルピングトレードやEAトレードを禁止しているケースが多いです。

 

  • スキャルピングトレード:数秒~数分のトレード
  • EA:自動売買システム

 

しかし、NDD方式(ノンディーリングデスク)の場合は、「とにかくスプレッドを落としてほしい」ので、スキャルピングトレードもEAトレードも許容しています。
むしろ、スキャルピングのような「スプレッドの発生回数」が多い取引スタイルは大歓迎のはずです。

 

NDD方式(ノンディーリングデスク)の欠点

やはり「スプレッドが広い」という欠点は見逃せません。
ただ、繰り返しになりますが、「呑み」ができないわけですから、仕方がない事です。

 

ですが、トレーダーから見れば

 

  • ディーラーがいないためクリーン性が高い
  • 約定力が高い
  • EAもスキャルピングトレードもOK
  • ボーナスが豪華

 

などの利点も多いですから、スプレッドの広さは十分カバーできるはずです。

 

ちなみに、海外FX企業のなかには「スプレッドが広めの標準の口座」の他に、「色々な制限がある代わりに、スプレッドが狭い口座」を用意しているところも多いので、興味がある方は調べてみることをおすすめします。

 

DD方式(ディーリングデスク)とNDD方式(ノンディーリングデスク)の最大の違いは?

結局のところ、

 

  • DD方式(ディーリングデスク)→利用者に負けてほしい(呑みたい)
  • NDD方式(ノンディーリングデスク)→利用者に勝ってほしい(積極的にトレードしてスプレッドを落としてほしい)

 

というのが最大の違いだと感じます。

 

FX未経験者の方の場合、今回の記事内容の中にすぐには理解しにくい部分もあったかもしれません。
しかし、まずは「ユーザーを勝たせたがっているところでトレードするほうが安心」というくらいの気持ちで、NDD方式(ノンディーリングデスク)のFX業者を選ぶのも良いと思います。

 

まとめ

DD方式(ディーリングデスク)とNDD方式(ノンディーリングデスク)の差。
それは、「ディーラーがいるかどうか」ですよね。

 

両者の違いをまとめると、

 

~DD方式(ディーリングデスク)国内FX業者~

  • ディーラーがいる
  • 不正が介入する余地がある
  • 「呑み」という収入源があるからスプレッドが狭い
  • スキャルピングやEA取引ができない場合が多い
  • ユーザーに負けてほしい

 

~NDD方式(ノンディーリングデスク)海外FX業者~

  • ディーラーがいない
  • 不正が介入する余地がない(不正する意味もない)
  • 「呑み」ができないためスプレッドが広い
  • スキャルピングやEA取引もOK
  • ユーザーに勝ってほしい

 

といったところです。

 

海外FX企業の大半はNDD方式(ノンディーリングデスク)を採用しています。
ですから、筆者としては国内FX業者ではなく、海外FX業者を利用することを推奨します。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。