基礎知識

海外FXと国内FXを徹底比較!どちらを使うべき?

海外FXと国内FXを徹底比較!どちらを使うべき?

FXトレードですが「海外FX業者」を使うか「国内FX業者」を使うかで、かなりの差が出ることになります。
今回はこの両者を色々な角度から比較していきます。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。

 

比較1:レバレッジ

  • 国内FX:MAXで25倍まで
  • 海外FX:平均して400倍くらい

    ※1,000倍以上の海外FX業者もある

 

10万円分のトレードを行うと仮定します。
レバレッジが25倍だと4,000円を最低用意する必要があります。
一方、レバレッジが400倍であれば250円を用意するだけで済みます。

 

つまりは、海外FXのほうが少額資金でもトレードしやすいため、安全に立ち回りやすいということです。

 

 

レバレッジは海外FX業者の勝ち!

 

比較2:ゼロカットシステム

「相場の急激な変動などの影響でロスカットの処理が追い付かず、口座残高がマイナスになる」というケースがあります。
この際、ゼロカットシステムを導入している海外FX業者であれば、口座残高をマイナスから0まで戻してくれます。
これは口座残高がマイナス100万円になろうが、マイナス1,000万円になろうが一緒です。

 

ですが、国内FX業者でこのゼロカットシステムをやっているところはありません。
そもそも日本は法律的に、ゼロカットシステムを設けたくも設けることができないのです。

 

ゼロカットシステムは海外FX業者の勝ち!

 

比較3:ボーナス

海外FXには、

 

  • 口座登録ボーナス
  • 入金ボーナス
  • トレードごとに発生するポイント

 

 

などの豪華なボーナスがあります。

 

例えば、ゲムフォレックスであれば口座登録ボーナスで2~3万円受け取ることができます。
また、入金ボーナスで最大数十万~数百万円獲得できるような海外FX業者も存在します。

 

ですが、国内FX業者の場合は、「5,000~25,000円のキャッシュバック」くらいしかないなど、あまりボーナスに力を入れてはいません。
また、ボーナスをもらうための条件が少し厳しい場合もあります。

 

ボーナスは海外FX業者の勝ち!

 

比較4:ロスカット率

「証拠金維持率が○パーセントになったらロスカットをする」というルール(基準)のことを「ロスカット率」と言います。

 

  • 国内FX:50~100パーセントくらい
  • 海外FX:20~50パーセントくらい

 

「ロスカット率が低いほうが、相場が不都合な動き方をしてもギリギリまで粘ることができる」ため、海外FXのほうがトレードしやすいと言えるでしょう。

 

※ただし、そもそも安全にトレードしたいのであれば、証拠金維持率は少なくとも500パーセント以上にするべきです。

 

ロスカット率は海外FX業者の勝ち!

 

比較5:スプレッド

スプレッドとは、FXトレードをする際に発生する手数料のようなものだと思ってください。

 

通貨ペアにもよるのですが、「海外FX業者のスプレッドは、国内FX業者の2~4倍くらいであることが多い」といったところです。

 

ですから、「スプレッドだけ」で考えれば国内FX業者のほうが優秀です。
また、多くの国内FX業者が「固定スプレッド」ですので、「今のスプレッドはどれくらいかな……?」などと気を遣ってチェックする必要がありません。

 

スプレッドは国内FX業者の勝ち!

 

比較6:トレード方式

  • 海外FX業者:インターバンクとトレーダーの間にディーラーがおらず、注文は全部インターバンクに流れる
  • 国内FX業者:ディーラーがいるため、「トレーダーが負けそうな注文」はインターバンクに流さず呑む(業者の利益として回収する)

 

という差があります。
(※あくまで傾向であり、全ての海外FX業者・国内FX業者には当てはまらない可能性があります)

 

国内FX業者のスプレッドは非常に狭いわけですが、それは「呑みによる利益もあるから」です。もし、国内FX業者が呑みをしていなければ、海外FX業者並みのスプレッドになっていたかもしれません。

 

そして、「ディーラーの行動」は現状ブラックボックスとなっています。
ほとんどのディーラー・業者はクリーンだと思いますが、それでも「トレーダーが不利になるための不正(ロスカット狩りなど)」などのリスクが絶対にないとは言い切れません。

 

ですから、ディーラーを通さない海外FX業者のほうが安心感は強いです。

 

トレード方式は海外FX業者の勝ち!

 

比較7:約定力

  • 海外FX業者:ディーラーがいないので約定力がある。サーバーが優秀なため高いという話も
  • 国内FX業者:ディーラーがいるので約定力がない。

 

大手の海外FX業者であれば注文はほぼ1秒以内に通るものですが、国内FX業者の場合はそうとも限りません。

 

特にスキャルピングトレード(数秒~数分単位の取引)の場合は、約定力がないと命取りになる可能性があります。
(そもそもスキャルピングを禁じている国内FX業者も多い)

 

約定力は海外FX業者の勝ち!

 

比較8:税金面

  • 国内FX業者:固定(20パーセント)、損益通算ができる
  • 海外FX業者:累進課税(15~50パーセント)損益通算ができない

 

という差があります。

 

※詳しい説明はしませんが、「損益通算OK」だと「去年の損失分だけ、今年の利益を少なく計算する」などのことができます。

 

国内FXであれば1億円の利益を出そうが、10億円稼ごうが税率は20パーセントです。
ですから、税金面だけで考えれば国内FXのほうが有利かもしれません。

 

FXによる利益が、

 

  • 330万円以上:国内FXのほうが税金面は有利
  • 330万円以下:海外FXのほうが税金面は有利

 

という事になります。

 

ただ、そもそも「稼げるからこそ税金を払う」わけであって、この「稼ぐ」という部分ができていなければ意味がありません。

 

例えば「国内FXのほうが使いにくい(稼ぎにくい)けれど、税金的に有利だから国内FXでトレードしよう!」などというのは、完全に本末転倒ですよね。

 

税金面は引き分け!(そもそも比較すること自体がナンセンス)

 

比較9:トレードプラットフォーム

ほとんどの海外FX業者では、トレードプラットフォームとして「MT4」かその進化版の「MT5」を使うことになります。ですから、MT4に慣れれば、どの海外FX業者でも通用します。

 

一方、国内FX業者の多くは、独自開発のトレードプラットフォームをトレーダーに使わせてきます。つまり、「FX業者ごとに慣れていく必要がある」のです。

 

それを考えると、海外FX業者のほうがトレードプラットフォーム的には優秀ですよね。
(MT4が使える国内FX業者も少し存在します)

 

また、細かいことを言うと、

 

  • 海外FX業者で使うMT4・MT5:外部企業が作っている
  • 国内FX業者のプラットフォーム:自社独自で作っている

 

という差があるので、国内FX業者のプラットフォームのほうがやや信頼性が低いかもしれません(もちろん安心して使えるレベルではありますが)。

 

トレードプラットフォームは海外FX業者の勝ち!

 

 

まとめ:比較すると海外FX業者のほうが良い

ここまで国内FX業者と海外FX業者を比較してきました。
率直に言って、海外FX業者のほうが優れていると言えるでしょう。

 

特に大きいのが、

 

  • 最大レバレッジ倍率が桁違い
  • ゼロカットシステムの有無
  • ボーナスが豪華

 

という3点だと思います。

 

国内FX業者についても、

 

  • スプレッドが狭い
  • 大きな利益が出るなら税金面で有利

 

などの利点はありますが、スプレッドが狭いのは「他の部分で回収できるからスプレッドを狭くしているだけ」ですよね。
また、税金面だけでFX業者を決めるのは間違っています。

 

ですから、まずは海外FX業者でトレードを始めることをおすすめします。
ただ、大きく稼げるようになってきたら、国内FX業者も併用する人が少なくないようです。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。