基礎知識

FXトレードで使うMT4とMT5を比較!どちらが優秀?

FXトレードで使うMT4とMT5を比較!どちらが優秀?

今回は、主に海外FXでのトレードで活用する事になる「MT4」と「MT5」を比較していきます。
どちらを用いるべきなのでしょうか。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。

 

MT4・MT5とは?

MT4(MT5)は、いわゆる「トレードプラットフォーム」です。
FXトレードをするには基本的にMT4かMT5を使わなければなりません。

 

例えば、アマゾンのショッピングサイトで電子書籍を購入するだけでは、書籍を読むことができませんよね。「kindle」をダウンロードして、ようやく読むことが可能となります。
MT4やMT5は、この例におけるkindleに近いと考えてください。

 

比較1:時間足について

MT4の時間足は9種類でしたが、MT5には21種類もの時間足があります。
「MT4には存在していて、MT5で廃止された時間足」はないので、明確な上位互換だと言って良いでしょう。

 

MT5だけの時間足である「8時間足」や「12時間足」については実際に活用している人も多いようです。

 

比較2:動作のサクサクさ

MT4でも「明らかに動作がモッサリ」と感じることはないかと思いますが、MT5と比較するとやはり遅いです。と言いますか、筆者個人としては「MT5が想像以上にサクサクで驚く」という感じです。

 

ただ、心配になるのが「そんなにサクサクだと、メモリ量は大丈夫?」ということですよね。
これに関してですが「2015年以降」くらいに製造されたパソコンであればほぼ問題ありません。
現在古いパソコンを使用している方は、これからFXトレードを始めるにあたって買い替えておくことをおすすめします。

 

比較3:自動売買システム(EA)

MT4でもMT5でも自動売買システム(EA)を使うことが可能です。

 

MT4の自動売買システム(EA)はかなりたくさんありますが、MT5についてはやや少ないです。
ですから、自動売買システム(EA)を活用したいのであれば、MT4にしておいたほうが良いでしょう。
「MT4しか使えない」という海外FX業者は多いですが、「MT5限定」というFX業者はほとんどないので問題ないはずです。

 

比較4:カスタムインジケーター

こちらについても、MT4のほうが多いです。
ただ、MT5に関しても最近になってカスタムインジケーターが増えてきたので、あまり問題はないと思います。

 

比較5:ナビゲーターウィンドウ

インジケーターや自動売買システム(EA)等を表示させる際に用いる表示窓のことを「ナビゲーターウィンドウ」と言います。

 

最初からMT5を使っていた人にとっては、

 

  • カテゴリー分けされている
  • 自分でフォルダを作ってカテゴリー分けできる

 

のが当然なので特になんとも思わないはずです。

 

ですが、実はMT4に関しては、カテゴリー分けされずに縦に並んでしまいます。
そのため、比較してみると、ナビゲーターウィンドウに関してはMT5のほうが使いやすいはずです。

 

ただ、これは「慣れ」の話でしかないですし、当然FXトレード自体には関係してきません。

 

比較6:気配値ウィンドウ

MT4の場合は、気配値ウィンドウにおいて「通貨ペア一覧」と「ティックチャート」を見ることができました。

 

ですが、MT5では気配値ウィンドウで、「通貨ペア一覧」「ティックチャート」「プライスボード」「詳細」をチェックすることが可能です。
これも明確な進化ですね。

 

ちなみに、詳細では

 

  • 高値
  • 安値
  • 直近価格

 

を見ることができます。

 

「そんなに色々あるとむしろ邪魔では?」と感じるかもしれませんが、筆者としてはそうは思いませんでした。

 

比較7:開発側の姿勢

実はMT4はもうアップデートされていません。
最後の更新は2017年でしたし、2015年くらいからは更新頻度も下がりました。
ですが、MT5については更新に力を入れているようです。
(比較するとハッキリわかります)

 

これから先も、MT5の更新に力を入れていくことが予想できます。

 

ちなみに、開発側の公式サイトからは、すでにMT5しかダウンロードできなくなっています。
MT4のダウンロードを行いたい場合は、「FX業者の公式サイトのダウンロードリンク」などから実行しなければなりません。

 

比較8:対応しているFXブローカー数

ほとんどの海外FX業者がMT4に対応しています。
しかし、繰り返しになりますがMT5に対応しているFX業者はまだまだ少ないです。

 

ここまでの比較検証でなんとなくお分かりかもしれませんが、「MT4からMT5で、劇的に進化したとは言い難い」ということも、MT5がなかなか浸透していかない理由の一つになっていると思います。

 

とはいえこの先MT4の更新はまず間違いなく行なわれないわけですし、いずれはほとんどの海外FX業者がMT5に対応するようになるはずです。

 

筆者としては、なんとなく「プレイステーション1」と「プレイステーション2」の関係性を思い出しますね。

 

MT4とMT5のどちらをダウンロードすべき?

MT4とMT5の比較をしてみました。
では、両者のうちどちらをダウンロードすべきなのでしょうか。

 

これに関しては、あなた自身のトレードスタイルにもよるので一概に言い切ることはできません。
下記の解説をご覧になりながら、どちらを利用するか決めていただければ幸いです。

 

MT4をダウンロードすべき人

MT5非対応のFXブローカーを利用する人

→「MT5が使えないから」というだけで「良さそうなFX業者」を避けてしまうのはナンセンスです

 

ロースペックのパソコンを使用している人

→製造から5年以上経過しているパソコンを使っている人はMT4にしておきましょう。ただ、資金に余裕があればパソコン自体を買い替えることを推奨します。やはり、比較すれば最新のパソコンを使うほうが全体的に快適です。

 

自動売買システム(EA)でトレードしたい人

→MT5でも自動売買システム(EA)は使えますが、現状ではMT4を選んでおいたほうが比較的自由度が高くなります

 

すでにMT4に慣れている人

→「長年MT4を使っていて慣れている」という方は、とりあえず無理にMT5に切り替える必要はありません。今後、月日が流れて「MT5が使えないと話にならないな……」という状況になってから切り替えを検討すれば十分です

 

MT5をダウンロードすべき人

比較してみて「どっちでもいい」と感じた人

→MT4とMT5を丁寧に比較してみて、どちらでも問題ないと感じたのであれば、最新のMT5をダウンロードしておきましょう

 

何かご自身のFXトレードの現状を変えるきっかけが欲しい人

→「MT4を使っているけれど、トレードが上手くいっていない」という人は、もしかしたらMT5に切り替えることが、成功へのきっかけになるかもしれません(もちろん変えただけで全てが好転するわけではありませんが)。

 

スキャルピングトレードをしたい人

→「数秒~数分でエントリー&クローズするトレード形式」のことをスキャルピングトレードと言います。数秒レベルの勝負になることもあるので、動作スピードが速いMT5を使ったほうが安定するかと思います。

 

まとめ:比較すれば「MT5 > MT4」

今回はMT4とMT5を比較してみました。
まとめると、

 

  • MT5のほうが全体的に優秀
  • 最近のパソコンならMT5は普通に使用できる
  • 開発者もMT5に力を入れている
  • しかしMT4しか使えないFX業者も多い
  • 自動売買システム(EA)を利用するならMT4が無難
  • 「MT4しか使えないFX業者」だからといって避けるのはダメ

 

といったところです。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。