基礎知識

海外FXと国内FXの税金ルールと確定申告の仕方

海外FXと国内FXの税金ルールと確定申告の仕方

「海外FXトレードで出した利益」と「国内FXトレードで出した利益」とでは、税金のルールが違うので気を付けましょう。
解説していきますので、確定申告の際にお役立てください。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。

 

海外FXと国内FXの税金のルールの違い

  • 海外FX:累進課税方式(稼げば稼ぐほど税率が高くなる。上限50パーセント)
  • 国内FX:固定課税方式(一律20パーセント。正確に言えば20.315パーセント)

 

という違いがあります。

 

「控除」など、他の要素を一切省いて考えれば、

 

  • 国内FXで100万円の利益:税金20万円
  • 海外FXで100万円の利益:税金15万円
  •  

  • 国内FXで1,000万円の利益:税金200万円
  • 海外FXで1,000万円の利益:税金430万円
  •  

  • 国内FXで1億円の利益:税金2,000万円
  • 海外FXで1億円の利益:税金5,000万円

 

となります。

 

経費などにもよりますが、「FXの利益」が年間300~400万円以下なら、海外FXのほうが税金が少なくて済みます。
例えば、「副業で月5万円ほど稼ぎたい」というのであれば、税金的に考えれば海外FXのほうが圧倒的におすすめです。

 

 

「でもFXで大きく稼いでいる人なら、国内FXのほうが税金が安くなるよね!」と感じるでしょうし、確かにそのとおりです。

 

ただ、あくまで税金は「利益が出てこそ発生するもの」ですから、税金の安さだけで国内FX業者に飛びつくのはやめましょう。

 

極端な表現をしてみますが、「稼ぐ難易度は高いが税金は安い」のと、「簡単に稼げるが、税金は高い」のどちらがいいかという話ですよね。

 

損益通算についてはどうか?

損益通算:以前の年でマイナスで申告をしていると、次の年で利益を下げて計上できる仕組み

 

簡単に言えば「今年50万円稼いだけれど、去年の損失が50万円だったから、利益を0円で計上する」という事ができます。
特に「これまでダメだったけれど、努力したら今年ようやく稼げるようになった!」というトレーダーにとってはメリットが大きいです。

 

国内FXではこの損益通算が3年間行えます。
ですから、マイナスになった年でも必ず確定申告しておきましょう。

 

一方、海外FXでは損益通算ができません。

 

国内FX・海外FXの税金の計算方法は?

税金=(FXで発生した利益-経費)×税率-所得控除金額

 

で、確定申告のための税金の計算をすることができます。

 

丸暗記しようとするのではなく、「収入から経費を引いた分が『実際の利益』だから、それに税率をかけて、あとは控除額を引いて……」と理屈をしっかり覚えておいたほうが結局のところ楽です。

 

ただ、計算をご自身で行う必要はありません。自動で計算してくれるツールがあるからです。
国税庁が管轄するツールですから信頼できます。
(このツールがある事で、確定申告関連の問い合わせなどが少なくて済むのかもしれませんね。想像ですが…)

 

国内FX・海外FXの確定申告は「青色」「白色」のどちらがいい?

  • 青色の利点:65万円の控除があるため税金が安くなる
  • 白色の利点:確定申告が楽

 

青色での確定申告は少しややこしく、白色で確定申告する場合に比べて細かく記録しなければなりません。
また、青色で確定申告をする場合は、「税の控除をしてほしいという報告」と「青色申告をすること自体の報告」を前もって済ませておく必要があります。

 

これらを踏まえると、「FXの利益」に関しては基本的に、青色で申告すべきだと思います。

 

海外FXの確定申告や税金に関するポイント

筆者は国内FXよりも海外FXをおすすめしますので、ここからは海外FXに絞って解説していきます(国内FXと共通する部分も多いです)。

 

  1. 利益が少ないなら確定申告は不要
  2. 「課税される」のはいつ?
  3. スワップポイントで節税できる場合も
  4. バレずに確定申告を行うには?
  5. キャッシュバックサイトと確定申告

 

①利益が少ないなら確定申告は不要

  • FX以外の給与がある:FXの利益が年間20万円未満なら確定申告不要
  • FX以外の給与がない:38万円未満なら確定申告不要

 

というルールがあります。
この辺りは、FX以外の確定申告においても一緒です。

 

②「課税される」のはいつ?

海外FXトレードでは、「決済したとき(利確したとき)」に課税されます。
「出金」のときに課税されるわけではありません。

 

ですから、例えば「38万円以上にならないように出金しよう」などと考えても意味はありません。

 

③スワップポイントで節税できる場合も

スワップポイントに関しても「決済したとき」に課税される場合が多いです。
ただし、これについては一律ではなく、課税のタイミングが違うFX業者もあるようです。

 

「スワップポイントは決済時に課税される」と考えると、「38万円以上になってしまうから、決済を来年にする」などといった節税ができますよね(ちなみに、国内FXでここまでスワップポイントで稼ぐのは困難です)。

 

ただ、後回しにしてしまって相場が変動して損をしては意味がないので気を付けましょう。

 

④バレずに確定申告を行うには?

「副業禁止」の会社で働いている方は、バレずに確定申告をしたいはずです。
(本来、特殊な職種を除いて副業を禁じることはできないはずですが、それを言っても仕方がありませんよね)

 

会社に知られずに確定申告を行うためには、確定申告書において「普通徴収」をチョイスしてください。これで、住民税を納めるための書類があなたの家に送られてきます。
もう一方の「特別徴収」をチョイスすると、会社にも送られてしまうのでNGです。

 

これでおおよそバレずに確定申告ができるはずです。
もし、税理士を使うのであれば「誰にも知られずに確定申告を済ませたい」と頼めば適切に対応してくれます。

 

「海外FXだと、国内FXとは事情が違うんじゃないの?」と感じるかもしれませんが、この工程に「海外か、国内か」は関係ありません。

 

⑤キャッシュバックサイトと確定申告

キャッシュバックサイトを介して海外FX企業の口座を作って取引をすると、キャッシュバックが発生します。
(日本の『モッピー』や『げん玉』などのポイントサイトを使った経験があればイメージしやすいはずです)
このキャッシュバックにも課税されるため、確定申告しなければなりません。

 

  • キャッシュバックサイトを使うと税金の算出がややこしくなる
  • FX企業側が設定しているボーナスがもらえなくなる場合がある

 

などの理由から、筆者としてはキャッシュバックサイトの利用は推奨しません。

 

補足:海外FXの利益なら確定申告しなくてもバレない……はウソです

国内FXで出した利益に関して脱税しようとすれば当然バレます。
絶対に確定申告をしてください。

 

「でも海外FXならバレないのでは?」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
細かく説明するとキリがないので、簡単に言いますが「金融機関が色々する」ので絶対にバレます。

 

 

まとめ:国内FX・海外FXで税金のルールが違う!確定申告時は注意

最大の差は、

 

  • 国内FX:固定課税制度(20パーセント)
  • 海外FX:累進課税制度(15~50パーセント)

 

の部分でしょう。

 

FXで大きく稼ぐことができる人であれば、国内FXを選んだほうが税金は圧倒的に安くなります。

 

ただ、そもそも税金だけで「国内FXを使うか、海外FXを使うか」を決めるのはナンセンスです。
そうではなくて、総合的に考えてどちらを利用するかを決めましょう。
(筆者のおすすめは海外FXです)

 

税金や確定申告のルールを覚えることは大事ですが、それよりも「FXで稼ぐための方法」を身に着けることのほうがよほど重要です。

 

is6com・FBSの口座開設されたい方は上記をクリック。